読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

仕事で疲れて平日の自炊がもうシンドイので週末つくおきにチャレンジ

日常 料理

巷で話題となり書店でも平置きされているのをよくみる料理のつくおき本。このところ平日に料理をするのがしんどくなってきたので週末つくおきにトライしてみました。

経緯

妻のダウンにより家事の一切合切をしばらく1人で行うことに。

掃除洗濯はある程度週末にまとめて行えるもののネックは炊事。安静のため外食もできずコンビニ弁当やカップラーメンばかりを食べさせるわけにもいきません。仕事から帰ってから頑張って自炊していました。

が。。。これがシンドイ!平日帰宅後にいちから作るとなると身体もクタクタ、準備に時間がかかると食事も遅くなる。時には残業で帰るのが遅いこともあります(=λ=;)

そこで、料理もまとめて週末に作るようにしました。

つくおき週末まとめて作り置きレシピ

参考にしたのが最近よく特集されている、つくりおき料理のレシピ本。

主に平日5日分(昼夜10食分)となる料理の組み合わせが、お肉多め・ヘルシー・時短メニュー等等いろんなバリエーションで紹介されています。

こちらのレシピ本の著者であるnozomiさんも、もともとSEとして多忙な日々を送るなか週末に作り置きをして平日の食事を用意されていたようです。 cookien.com

試してみて

何品も一度に作ると大変

料理スキルが高いとは決して言えない私。こちらの本では使う料理器具に分けて作業の流れも詳しく書かれていたため、手順を追ってまとめて何品も料理を作ることができました。しかし、最初は本に書かれている目安の料理時間では全然できない。本では2時間半で終わるタイムスケジュールのメニューが4時間以上かかりクタクタになりました(・λ・;)

作り終えた時の達成感

疲労感が半端ないものの作り終えた時の達成感もすごい!一品一品料理ができていく時もそうですが、特に作り終えた数々の品を見ると頑張ってこんなにたくさん作ったぞとテンション上がります。

すべての写真-1001

頑張った自分を自分で褒めたい(笑)

これで仕事を終えて帰宅してからご飯を作らないといけないというプレッシャーがなくなります。逆に、仕事中も今日は何を食べようかなと夜ご飯が楽しみに。

何週間か継続してみて

こちらのレシピ本を参考につくおきを何週間か続けることで料理のバリエーションも増えました。段々と要領もわかってきて、最初よりも短い時間で終わらせられるように。

一度にたくさんの料理を作る上で大切なのは、それぞれの品目に対してどの食材・調味料・調理器具を使うのかを作る前に頭に入れておくこと。これらを把握しているだけで同じ食材を何度も切ることが減り、ゆでものの片手間に炒め物をサクサク進めたり、シンクの片付けもできたりと作業効率が段違い。

今後の課題

大量の料理を週末に作りおき。休みの日の数時間は犠牲になりますが、その代わりに平日穏やかに過ごせるように。仕事で帰宅が遅くなる場合も妻の食事を心配しなくてもよくなりました。

慣れてくると今度はどれだけ早く効率よく料理を作れるか試したくなるところ。調理器具・調味料の配置、キッチンのレイアウト等等。改善点を見つけてもっと楽に早くつくおきできるようになりたいです。