読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

ブログ一周年

このブログもいつの間にか始めてから1年がたちました。

すべての写真-1407

はてなブログさんからの一周年お祝いメールで気がつきました。

1年というのはあっという間ですね。

始めてみると自分の文章力、構成能力のなさを思い知らされるばかりでした!

1年間ブログを続けてみての振り返りなど。

目次

始めたきっかけ

ライフログとして始めたブログ

SNS全盛期の昨今、人々との交流手段はInstagramTwitterなど多岐におよび、簡単に知らない人とのと繋がりリアクションを得ることが出来るのは、変わりばえのない日々のよい刺激になると思います。

以前からTwitterのアカウントはもっていました。しかし、思ったことを簡単につぶやくことができる一方でタイムラインはすぐ流れてしまい、どうしても瞬間的な交流になってしまうことが気になっていました。

その頃からライフログの記録にも興味を持ち、web上に残って後から時系列を追って読み返すことに適したブログを始めたいと思いました。

これは愛用している一眼レフ「PENTAX K-1」を購入した際、同封されていたリコーイメージング株式会社社長のメッセージに記されている写真の縦軸と横軸2つの役割の考え方に近いと思います。

今の時代、写真の果たす役割はさまざまに変化しつつありますが、大きく分けると横軸と縦軸の二つの役割があると思っています。横軸とは、ネットやSNSなどに代表される、今この瞬間に撮影された写真を、大切な人や世界中の人々とすぐに共有できる、つまり一瞬で横方向に広がっていく写真のことを意味しています。
一方で縦軸とは、有限で、いつかは見ることができなくなる、かけがえの無い瞬間や表情、そして美しい光景を永遠の存在にする、つまり縦に時を超えていく写真のことです。そこには、撮影された方々の存在を永遠にする役割も増えています。
どちらも大切な役割ですが、弊社のカメラは特に後者、時を超えて人々の記憶に残り、次世代に受け継がれていくような写真を撮りたいという思いの方々に、自然と選ばれるカメラであり続けたいと願っています。 リコーイメージング株式会社代表取締役社長 赤羽昇氏

赤羽社長の述べている縦軸の写真の役割と同じように、自分のライフログを残していくことが出来るのがweblog(=ウェブ上の記録)なんだと思います。

好きなことを書ける自己表現の場を

数年前に一眼レフカメラを買って以来写真を撮ることが好きになりました。 しばらくは写真を撮るだけで満足。撮った写真は誰にも見せることもなくハードディスクの肥やしへ・・・
しかし、いつしかそれでは勿体無い、色んな人に見てもらいたいと考えるように。

写真の公開だけでなく、自分の好きなことを書ける自己表現の場が欲しいと考えたのもブログを初めた理由の一つです。

良かったこと

モノ・コトに対するアンテナの拡大

ブログを始めて良かったと思えることは、前より色々なものに興味を持ったり新しいことに挑戦できるようになった(気がする)といったことでしょうか。

いままでは気にも止めずに過ごしていた物事もブログのネタにならないかと興味を持ったり、以前より掘り下げて考えられるようになった気がします。

読者の方の声が直接聞ける

レビュー系の記事はやっぱり人気で。当ブログのアクセス上位はレビュー系の記事が占めています。
そこから商品を買っていく人がいると紹介料としてお金が入るのはもちろん嬉しいですが、それ以上に人に役にたてたと記事が書けるとなんだか嬉しいですね。

コメント欄やTwitterなどで、

「ブログの記事が購入検討時の参考になりました。 」

などと言ってくださる方もいたり。読者がいて色々な方の声がダイレクトに聞くことができると純粋に嬉しいです。

他のブロガーさんとの交流が増えた

自分でブログを始めることで、以前から読んでいたブログの書き手さんとも交流が増えたのも嬉しかったです。 同じ分野に興味がある人と交流できることは楽しく、大きな刺激にもなります。

悪かったこと

時間がない

唯一悪かったこととしてあげられるのはブログを書くことに時間が多く割かれてしまって他のことをする時間がなくなることです。 文章を書くことは決して得意ではないので、短い記事でもサクサク書けずにダラダラ時間がかかってしまいます(・_・;

書きたいことは色々あるのだけどうまく文章にできないということが多々あります。

自分の好きなことを書く場所として始めたブログなのに、自意識過剰に読者からの目が気になって思ったことを素直にそのまま書けず、口当たりの良いことばかり書いてしまったり。

自分のアウトプット能力についてブログを始める前の想像と現実とのギャップ(もっとスラスラ文章かけると思ってました。)に悩んだり。

もともと書くのが遅い上、出来るだけ良い文書を書こうとハードルを自ら高くすることで自分で自分の首をしめて時間がなくなる。なんだかうまく書けなくて更新する気力がなくなるの悪循環。

仕事じゃないんだからもっと楽しめばいいのですが。。。完璧を求めたり、こうあるべきだという思い込みがあると筆も進まず更新が滞ってしまうのかもしれません。

もっと時間をかけずスラスラ文書を書くことができればいいのになあといつも思っています。

まとめ

ブログを始めて1年が経ったので振り返ってみました。

書きたいことを上手く書けないことに対するジレンマはありますが、振り返ってみるとやっぱりブログを初めて良かったなと感じます。

ブログを始めたことで色々なことに目を向けるキッカケとなり濃い1年を過ごすことができました。

ここのところ生活習慣も変わってブログ更新もなかなかできず・・・ 思うように納得のできる文章が書けなくてヤキモキすることも多いです。

しかし、楽しもうと始めたブログなのに消耗しては本末転倒。

向上心は当然ありますが、最近はだんだんと

素晴らしい記事が書けないこともライフログ個人のブログなので人目を気にして肩肘張ることなく自由に好きなことを書けばいいや」

と考えられるようになりました。

2年目ということで心機一転、初心に戻り好きなことを楽しんで書くことを第一にまた更新していきたいと思います。

最後に

いつも忙しい時間を割いて当ブログに来てくださる皆様、本当にありがとうございます!
読んでくれる方がいるということは更新する上で本当に励みになります。
未熟なブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

広告を非表示にする