こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

5月の始まり

あっという間に4月も終わりですね。
気温も一気に高まり5月とは思えない程、暑いくらいの一日でした。

K1-560

K-1で撮影した写真をポツポツと

smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

K1-566

K1-562

K1-565

発色が良く絞ればきっちり解像するのは勿論のこと、味のある描写はそのままの相変わらずの反則レンズ。

FA31mmを広角として使えるようになったことにただただ感動しています。
広角レンズとはいえ31mmはそこまで広い画角ではないですが、いまのところ自分の撮影用途ではこの広さでも充分事足ります。

大人数での旅行にて、後ろに下がって撮ることができないシチュエーションでも全員をフレームに収めて記念撮影できて助かりました。

smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

K1-564

K1-569

K1-567

フルフレームセンサーで使用することで美しいボケ味が想像以上のトロットロっぷりに。花などを撮影していて出てくる画像をみてパネエパネエと一人で興奮しっぱなしでした。

APS-C使用と比べてきちんと77mmになる画角もやっぱり使い易く感じますね。
トロトロのボケ味による立体感に加えて新機能の肌色補正モード。これらによりフルサイズ機のポートレイトレンズとして期待以上の美人写真を量産してくれてます。

FA 43mmはまだ苦手意識があるのか積極的に使用できていないです。あまり寄ることができないのがやっぱり使いづらい部分ですね。