こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

【レビュー】「smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited」APS-C機での使用感

手持ちのフルサイズ対応レンズまとめ第2弾

第1弾はこちら
komori.hatenadiary.com

今回は下記のレンズについてエントリーします。
smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

FA77mm-8


概要

FA Limitedシリーズでは2番目に発売された焦点距離77mmの中望遠レンズ。APS-C機での使用時には118mmの望遠レンズになります。
特筆すべきはとろけるような美しいボケ味。このレンズで女性を撮影すると現実よりも綺麗に写ると言われる通称詐欺美人レンズ

こちらもFA31mm同様に銘玉と呼ばれファンが多いです。このレンズが使えるからペンタックスユーザーで良かったと思わせてくれる一本。

購入経緯

当時付き合っていた女性をとにかく綺麗に写したいと思う下心で手を出したレンズ。改めて考えると機材に頼るようではまだまだ…

ネットで中古の状態の良いものを入手。

良い点

F値1.8の明るさ
とろけるように美しいボケ味
絞った時のしっかりとした解像力
所有欲を満たす高い質感のボディ
ポケットに入る軽くコンパクトなサイズ

悪い点

クイックシフトフォーカスに非対応
ポートレート目的としてAPS-C機で使うには焦点距離が長い

外観

FA77mm-16

FA77mm-9

こちらもアルミ削り出しの高級感溢れるボディ。フィルム時代のレンズのため、絞りリングも搭載。レンズキャップはFA31mmのそれとちがって小さいためポケットに入れやすいです。
コンパクトボディで無駄のないスッキリとした印象であり、FA Limitedシリーズの中では個人的に最も外見が好みです。

FA77mm-11

FA77mm-10

備え付けの一体型レンズフードはうにょーんと伸縮可能。いちいち取り外して付け直すという手順が不要なのですごく便利。フードをなくす心配もありませんね。

重量

FA77mm-15

メーカー公表値は270g。ですが計ってみるとなぜか294g。金属外装のためスゴく軽いとは言えませんが、カバンの中にもう一本ついでに入れても気にならない重量感。

公園など広い場所のお散歩には必ずと言っていいほど持って出掛けてます。

PENTAX K-30に装着した図

FA77mm-12

FA77mm-13

FA77mm-14

APS-C機に装着して丁度よいバランス感。下記画像の通り、フルサイズ機K-1に装着すると少し小さい印象です。

2016年3月13日K-1体験&トークライブ-16

以下駄作例

FA77mm-7

FA77mm-5

FA77mm-4

FA77mm-3

FA77mm-2

FA77mm-1

FA77mm-0

★2016年3月5日浅草-1

ポートレート向けの美人レンズと称しながら、プライバシー保護の観点より、人物写真はありません参考にならずごめんなさい。それでも美しいボケ味は参考にして頂けるのではないでしょうか。

柔らかい写りは人物だけでなく、猫や犬など動物の撮影にも向いていると思います。

公園など広いところに行く時に持ち出しているため、花など自然の写真を多く撮影している傾向にあります。ただ、最短撮影距離は0.7mのため小さい花だと思ったより寄ることができません。大きめの花ならある程度対応できますが、花撮りはマクロレンズが欲しくなってきます。

APS-C機で使ってきた上での所感

換算118mmという望遠寄りの画角になるため、ポートレート向きのレンズながら被写体との距離を取らないと、バストアップの写真ばかりになってしまう。かと言って距離をとるとコミュニケーションが取りづらくなるのが悩ましい。

展示場など広いイベント会場で綺麗なお姉さんを囲みながら撮影する際には丁度いい長さになるのかもしれません。

APS-C機では少々使い辛いといった感想でしたが、それでも撮った過去の写真を見返してみてハッと惹きつけられる写りの写真はこのレンズで撮影したものが多いです。家族や大切な人をたくさん撮影したくなるレンズ。

フルサイズが発売されることにより本来のポートレート向きの画角で使用できることが何よりも楽しみ。これから更に出番が増えることになると確信しています。