読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

【行列必至】花見シーズンの千鳥ヶ淵ボート乗り場

写真/カメラ smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR PENTAX K-30

今日は暖かい小春日和でしたが、明日は春の嵐の予報とのこと。
この暖かさと明日の雨で都内の桜の多くは散ってしまうかもしれませんね:-(

千鳥ヶ淵の桜並木は都内屈指の桜に名所であるため、人の混雑は相当なものでなかなかゆっくりと桜を満喫することができません。

2016/04/03千鳥ヶ淵-43


そんな中お濠に浮かぶボートは水面まで届くように咲いている桜をゆっくり間近で見ることができるため大人気。花見シーズンには毎日ボート乗り場に何時間も待つ行列が出来ているようです。

なるべく待ち時間を少なくボートに乗るには

営業開始時間前から並んでおくしかないでしょう。身も蓋もないですがこれが確実です。
この日の営業開始時間は9時30分

早めに千鳥ヶ淵に着いたため、9時前くらいから並んでみました。
すでに行列はできていましたが、案内のオジサンに話を聞くと「ボートの台数は多いためこの位置なら順番待ちせず乗れるよ」とのこと
早起きは三文の得ですね!

しかし、最近のオオカミ天気予報。
朝の内に雨が止むという予報は外れ、雨は降ったり止んだりを繰り返し悪天候では運営サイドも決行判断がなかなか出せない模様。営業開始時間を過ぎても一向にボートに乗れる気配がありません。

しばらく営業開始はできないとのことで整理券を配ってくれました。

2016年4月3日千鳥ヶ淵2-58

ボートの営業を開始できたら優先的に乗せてくれるそうです。朝から並んだ甲斐がありました。

2016/04/03千鳥ヶ淵-47


しばらくご飯を食べたり周りの桜を満喫していると、雨も上がりボート営業再開のアナウンス。

早速ボート乗り場に向かいますが着いた頃にはすでにボートがなくなっており、結局待たされました(笑)
営業再開アナウンスが出た途端にまた長い行列ができています恐ろしい・・・

それでも整理券があるため5分くらいで乗ることができました。

迫力の水面の桜は並んででも見る価値あり

2016年4月3日千鳥ヶ淵2-67

2016/04/03千鳥ヶ淵-27

2016/04/03千鳥ヶ淵-28

2016/04/03千鳥ヶ淵-33

2016/04/03千鳥ヶ淵-41

2016/04/03千鳥ヶ淵-44

濠の外からは体験することができないほど間近で桜を満喫することができました。
水面スレスレまで伸びる桜のトンネルを潜ると目の前が一面ピンク色です。

この日は帰った後も目を閉じると桜景色が浮かんでいました。

通常並ぶと1〜2時間待ちが当然の千鳥ヶ淵ボート乗り場。
今回は雨天のため営業開始時間が遅れましたが、なるべく待たずに乗るには営業開始前に並ぶしかないですね。

千鳥ヶ淵ボート乗り場

利用料金:30分500円、60分1000円(観桜期は30分800円、60分1600円)
電話番号:03-3234-1948
営業時間:時期によって異なります。詳細は千代田区HP参照

広告を非表示にする