読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こもれびより

PENTAX K-1/Q7にて撮影したスナップ写真と共に日々思ったこと感じたことをポツポツと投稿しています。

サイボクハムで子豚さんに癒やされる【大量豚画像注意】

@埼玉県日高市サイボクハム

3匹の子豚

「トントンハウス」に戻ってみると3匹仲良く土管の中でお昼寝中でした。

★サイボクハム-20
★サイボクハム-21


しばらく見ていると茶豚くんがすくっと立ち上がり

★サイボクハム-22
★サイボクハム-23

まだ眠たそうなピンクを起こしています笑

★サイボクハム-24
★サイボクハム-25

睡眠妨害を受けしぶしぶ外に出てくるピンク(大ヨークシャー)

★サイボクハム-26

おめめが小さいです

★サイボクハム-28
★サイボクハム-29

黒い子バークシャーも出てきます

★サイボクハム-31

★サイボクハム-30

そして最後に出てきた顔が砂だらけの茶豚(デュロック)

これらの豚さんを掛け合わせたものが三元豚スーパーゴールデンポーク(SGP)となります。なんだか戦闘力高そうです。

★サイボクハム-32

3匹とも子豚とはいえなかなかのサイズ感。

生後4ヶ月余りですが既に80キロオーバー。

2匹の中でも力の上下関係があるようで茶豚さんが一番強そうでした。

餌をずっと独り占めしていて残りの2匹がちょっとかわいそう。

豚たちの中にも競争社会があり、大きくなれなかった豚は出荷もされず処分されてしまうお話をガイドさんから聞きました。
この3匹もあと2カ月程で100キロを超えて出荷されてしまうとのことです。

こうして愛らしい姿を見ていると複雑な気分ですが、ありがたく食べさせてもらうしかないですね。

ひとむかし前に、豚を愛情をもって育てて最後は食べるといった食育が話題になった小学校がありました。
子供にとってはなかなかショッキングな授業でトラウマにもなりそうです。
大人の自己満との声もありますが、個人的には生命の尊さを知る良い授業だと思います。


★サイボクハム-34

温泉「花鳥風月」

★サイボクハム-14

色々見て遊んで疲れた後は温泉施設「花鳥風月」で〆ます。

温泉施設がある場所はもともと牧場でしたが、ある日笹崎社長の夢枕に豚さんが現れ

「牧場を掘ってみるぶ~」

とお告げがあったそうです。真偽の程は定かではありませんが、お告げを信じて牧場を掘ったら温泉が出たそうです笑

★サイボクハム-39

この温泉施設、温泉はもちろんのこと内部の設備も綺麗で疲れた身体をゆっくり休めることができます。
炭酸風呂という珍しいお風呂は初体験、血行促進の効果があるそうで入った後はしばらく身体ポカポカでした。

お風呂あがりの休憩スペースには無料wifiも完備されていて至れりつくせり。
温泉施設だけでも一日ゆっくりできそうです。

★サイボクハム-41

外に出るとあたりは暗く豚さんのイルミネーションが輝いていました。
お土産にソーセージを買って帰路に付きます。


★サイボクハム-40
★サイボクハム-33
よく似ている

埼玉県日高市「サイボクハム」

食べに来てもよし、遊びに来てもよし、癒されに来てもよしの三拍子揃った楽しい食のテーマパークでした。